膨張タンクについて

密閉式冷却塔やラジエータなどを使用する循環水配管系統は大気に開放されていないため、密閉回路といいます。(循環水配管経路以外で開放式膨張タンクで外気に開放されている場合も含む)
密閉回路では装置配管内保有水量の水温変化に伴なう体積変動を吸収するため、膨張タンクを設けます。

膨張タンクには開放式膨張タンクと密閉式膨張タンクがあります。

a)開放式膨張タンク

  • 膨張タンクの水面が大気に開放されているため循環水経路内の最上点より上に設置する。
  • 密閉式冷却塔やラジエータが装置内で最上点であれば、その上にオプションとして設置できる。

b)密閉式膨張タンク

  • 循環水が大気と接触しない。
  • 装置内での設置場所を選ばない。
  • 開放式膨張タンクと比べ、高価、容積大。
図

このページのTOPへ