凍結防止について

冷却塔凍結対策

    循環水系統 散布水系統 給水管系統
開放式冷却塔 冬期連続運転 a.常時連続運転の場合
1.連続運転時は負荷調整以外、対策不要です。
b.冷却塔の運転を停止する事が有る場合
※運転を停止して凍結の恐れの有る場合は、次のいずれかの対策を実施下さい。
・配管の保温・加温を施工すると共に、下部水槽にヒータを取付けます。
(ヒータは下部水槽内の水温が低下した時に通電します)
・配管及び下部水槽の水抜きを行って下さい。
  a.常時連続運転の場合
1.給水配管の保温・加温を施工願います。
b.冷却塔の運転を停止する事が有る場合
※運転を停止して凍結の恐れの有る場合は、次の対策を実施下さい。
1.給水配管の保温・加温を施工願います。
2.給水配管の水抜きを行って下さい。
但し、下部水槽にヒータが取付けられている場合は、その必要はありません。
冬期断続運転 1.配管の保温・加温を施工すると共に、下部水槽にはヒータを取付けます。
(ヒータは下部水槽内の水温が低下した時に通電します)
  1.給水配管の保温・加温を施工願います。
冬期運転停止 1.配管及び下部水槽の水抜きを行って下さい。   1.給水配管の保温・加温を施工願います。
2.給水配管の水抜きを行って下さい。
(給水配管の保温・加温がなされていても、自動給水口及び手動給水口の保温は不可能ですので、水抜きを行って下さい)
密閉式冷却塔 冬期連続運転 a.常時連続運転の場合
1.連続運転時は負荷調整以外、対策不要です。
b.冷却塔の運転を停止する事が有る場合
※運転を停止して凍結の恐れの有る場合は、次のいずれかの対策を実施下さい。
・循環水に不凍液を注入する。
・配管及び熱交換器の水抜きを行って下さい。
配管の保温・加温がなされている場合は、熱交換器部分のみ水抜きを行って下さい。
a.常時連続運転の場合
1.連続運転時は負荷調整以外、対策不要です。
b.冷却塔の運転を停止する事が有る場合
※運転を停止して凍結の恐れの有る場合は、次のいずれかの対策を実施下さい。
・あらかじめ散布水配管の保温・加温を施工すると共に、下部水槽にヒータを取付けます。
(ヒータは下部水槽内の散布水温度が低下した時に通電します)
・下部水槽及び散布水配管の水抜きを行って下さい。
a.常時連続運転の場合
1.給水配管の保温・加温を施工願います。
b.冷却塔の運転を停止する事が有る場合
※運転を停止して凍結の恐れの有る場合は、次の方法を実施下さい。
1.給水配管の水抜きを行って下さい。
但し、下部水槽にヒータが取付けられている場合は、その必要はありません。
冬期断続運転 1.循環水に不凍液を注入する。
注1.不凍液はその種類毎に使用方法が異なります、詳しくは使用される不凍液メーカーの資料をご参照願います。
注2.不凍液は夏期にもそのまま封入して使用できますが、流体の特性(熱伝導度,比熱等)が水と異なり、冷却塔性能が低下します。従って不凍液は原則として冬期使用にとどめ、夏期運転時には清水での運転をお勧めします。
注3.不凍液の注入ができない場合は、事前に弊社へご相談下さい。熱交換器凍結防止ユニット等の方法を検討致します。
1.散布水配管の保温・加温を施工すると共に、下部水槽にはヒータを取付けます。
(ヒータは下部水槽内の散布水温度が低下した時に通電します)
2.運転中の散布水温度が低下し、凍結の恐れの有る場合は負荷調整を行って下さい。
1.給水配管の保温・加温を施工願います。
冬期運転停止 1.配管及び熱交換器の水抜きを行って下さい。 1.下部水槽の散布水配管及び水抜きを行って下さい。 1.給水配管の保温・加温を施工願います。
2.給水配管の水抜きを行って下さい。
(給水配管の保温・加温がなされていても、自動給水口及び手動給水口の保温は不可能ですので、水抜きを行って下さい)

このページのTOPへ