保守点検

冷却水系設備を安心してお使いいただくために保守管理契約を受け賜っています。
ベテランサービス員が診断の上、状況に応じた保守管理をご提案させていただきます。

シーズン前のメンテナンスはプロに任せたい!

シーズン前の保守点検作業 (4月~6月中に実施)

  1. 下部水槽、上部水槽(角型、密閉塔の場合)の清掃、ストレーナの清掃。
  2. 送風機の駆動装置芯出し及びプーリの水平点検調整。Vベルトの調整。
    ギヤードモータの場合は、潤滑油の取替え。
  3. 電動機の電流値及び絶縁抵抗測定。
  4. 散水装置点検調査。
  5. 補給水用ボールタップの点検調整及び水位調整。
  6. その他、冷却塔全般についての点検。
  7. シーズンイン前の試運転立会い。
  8. 上記点検についての調査報告書の提出。

<メンテナンス内容>

清掃ベルト調整水位調整試運転点検

シーズン中の保守点検作業 (7月~8月中に実施)

  1. 駆動装置の運転状態。
    Vベルトの調整。減速機のギヤーオイルレベル確認。振動及び異常音の有無の確認。
  2. 上部水槽(角型、密閉型)の散水穴の目詰まり点検調整。(丸型の場合は、回転調整)
  3. キャリーオーバーの有無。
  4. 循環水、補給水の水質検査。(導電率の測定)
  5. その他冷却塔の運転状態全般の点検。
  6. 上記点検についての調査報告書の提出。

<メンテナンス内容>

ベルト調整目視点検水質調査

シーズン後の保守点検作業 (10月~3月に実施)

  1. ケーシング外側、下部水槽及び上部水槽(角型、密閉型の場合)の清掃。
  2. 冷却塔全般の点検。
    来シーズン運転開始前に補修すべき箇所の有無についての点検を行う。
  3. 上記点検についての調査報告書の提出。

<メンテナンス内容>

清掃点検

このページのTOPへ