Q&A

冷却塔は特殊用途としてどのような使い方がありますか。

冷却塔は一般に考えられているように、冷房時に室内の排熱を大気中に捨てる役目の他に、熱交換器として考えるといろいろな用途があることが解ります。

空気熱源ヒートポンプ用
空気や、地下水、河川水、熱など自然エネルギーを利用し、重油や灯油、ガスなどの燃料を使わずに暖房(冷暖房給湯もできる)冷暖房兼用ができる為、安全かつ衛生的でコストも節約できる。都市で使えるエネルギーとしては空気を熱源とすることがもっぱら行われる。
この空気熱源システムの吸熱部に冷却塔を使用することができる。この場合循環水の温度を下げるのではなく、温度を上昇させる為に使われるので、加熱塔、つまりヒーティングタワーと呼ばれる。
空気を熱源とする場合にはフィンチューブに空気を直接当てる方法と冷却塔を使用して水に熱を移す方法が採られている。
フィンチューブを使用する場合には除霜装置が必要になること、冷却塔より設備費がかさむこと等不利な点がある。
冷却塔を使用する場合、循環水温度がマイナスになる場合があるので凍結を防ぐ為に、不凍液(エチレングリコール等)を入れる必要がある。
このように夏はクーリングタワーとして、冬はヒーティングタワーとして使用できるので、非常に効率的な使用方法と云えます。

イラスト

Q&AへもどるこのページのTOPへ

  • 総合サイトはこちら
  • ユーザー登録・各種ダウンロード
  • 取扱製品マップ
  • Q&A
  • 技術資料